会計事務所にとって「ペーパーレス化」という課題は、今に始まったことじゃない。
そもそも紙を媒体とする申告書や計算資料となる請求書・領収書等など、「紙」で成り立っていた業務がメインであったが、e-TAXやeL-Taxの普及、会計ソフトのクラウド化だったり、「PC」で成り立つ業務がメインとなっている今、本来であれば、既に所内もペーパーレス化が進んでいたはず?…なのである。

どうしても移行期には紙とデータの併存はやむを得ずといった気持ちと、クライアント先のIT環境のせいにして今日まで来てしまった感も正直否めないところであるが、今やスマートフォンの出現により、日常のキャッシュレス化がどんどん加速し、ビジネスシーンにおけるデータの電子化は、もはやクライアントからのニーズにも成りつつある。

そして拍車をかけるように、近年、働き方改革がうたわれてきた中での新型コロナウィルスの出現である。会計事務所でも決算のWEB会議やテレワークでの会計業務の対応といった新しい業務の進め方が求められている。

具体的な働き方改革の実践。

今後のコロナ感染拡大(第2波)に向けた事務所としての対策を図るにも、先ずは、事務所業務フローの「ペーパーレス化」をしっかりと構築し、実践し、これからの新しい会計事務所スタイルを確立していくことが重要だ。

経済産業省の支援策

新型コロナウィルス感染症関連  https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
資金繰り、給付金や協力金のご相談等、

皆さまにとって身近な相談相手である私たち税理士法人アドベにご相談下さい。